toeicの予備校に通うメリット

toeicのための短期集中コースを開講している塾や予備校はありますが、独学で教本を使いながら高得点を目指す場合とでは何が異なるのでしょうか。その答えは、長年多くの受験者を見てきた経験による指導が期待できるということです。toeicは決して簡単な試験ではないというのは周知の事実だとは思いますが、それを少しでも楽に、高得点が狙えるようにするコツやテクニック、あるいは点数がどうしても伸びない場合の傾向的な分類とその対策について指導を受けられる可能性があります。速さ、正確さが求められる試験の中で膨大な情報量と戦いながら長い時間をかけて行う総合力の評価を楽に戦うための助けは多いに越したことはありません。問題を解くばかりでは身につかないものを予備校のコースで見つけましょう。

個別指導での授業では弱点を見つけてもらえる

学習塾の指導は大きく分けて個別指導と集団授業の二つがありますが、合格点を目指すのではなくただひたすらに高得点を目指して解いていくtoeicにはマンツーマンの個別指導があっています。同じ試験を受ける仲間であっても、解く早さや解く上でのクセのようなものは個々人によって異なります。つまり、得点を上げるために改善したり身に付けたりしなくてはならない事柄は、もちろん人によって異なるのです。個別指導によって自分の解き方のみを見てもらうことで何がいけないのか、どうするほうがいいのかをじっくり見つけてもらうことができます。読解問題が解き切れないなど、スピードの問題などはこういった指導法によって解決されることがあり、取り掛かりがいまいちつかめず苦しんでいる人にはうってつけであると言えます。

よりハイレベルに戦うなら集団指導

個別指導だけでなく集団での授業によってtoeic対策を行っている予備校も存在します。個別指導に対して集団での授業にはどのようなメリットがあるかと言えば、まず授業料が安価に済むという点です。先生を独り占めできない代わりに少し受講料は抑え目になっています。また、集団での受験環境に慣れることによって、試験本番でも平常心で臨みやすいというメリットがあるのです。反面、テクニックや点数が伸びない傾向などは先生の側から見つけて貰いづらくはなり、自己責任で取り組まざるを得ない部分も個別指導に比べ増えてきます。しかし、ある程度実力が完成している状態の受験者が更なる高得点を目指して取り組むのであればこれほど適した環境はない、ともいえるでしょう。自分の実力、性格、目的に合わせ、指導を選んでいくことが高得点への近道です。