toeicの予備校を探す時の注意点

toeic予備校を探す時は、まずその学校の授業の内容に注意しましょう。バランスの良い授業を行われているところを選ぶことが大切です。このテストには、リスニングとリーディングの2つのパートがあります。そのどちらでも正解を多くしないと、点数は上がりません。リスニングとリーディングの両方に力を入れている学校が好ましいです。英語の二つの基礎は語彙力と文法です。この二つがしっかりしていないと、本番の試験で良い点数を取るのは難しくなります。特に語彙力は大切です。単語や熟語を知らないと、英語を聞いたり、読んだりすることができません。独学で単語を覚えるのは大変なので、授業で語彙を増やしてくれる学校を探しましょう。文法に関しては、基礎から分かりやすく教えてくれるところを選びましょう。

講師の教え方にも注目して学校を探す

toeic予備校を探す時は、講師の教え方にも注意しましょう。まず分かりやすさが、大切になります。抽象的な言葉を使わないので、具体的な言葉で教える先生が点数を伸ばすために役立ちます。英文法のような抽象的なことを教えるときは、やたらと難しい言葉を使う人がいます。このような先生がいる学校は避けた方が無難です。先生の経歴に注目して、探しましょう。この試験を何度も受けたことがある人だったら、信頼できます。自分の経験に基づいて、生徒に教えられるからです。自分にとって役に立ったテクニックを教えてくれることもあります。先生の経歴についてはその学校のホームページに詳しく書いてあります。それを参考にしましょう。どの学校も体験授業を行っているので、それを受けて実際の教え方をチェックしてください。

過去問を詳細に解説してくれるところを選ぶ

toeicの過去問を繰り返し解くことは、良い対策になります。過去問の中には、自分の分からない問題もあるでしょう。そんな問題については、詳しく解説してくれる予備校を選ぶべきです。この試験では、基本的な問題も多く出題されるのですが、応用的な問題も出されます。特にリーディングのパートの長文読解は難しいです。この部分の問題は、自分で読んでも意味の分からないことがあります。そのような時は、先生に詳しく解説にしてもらう必要があります。リスニングの問題でも、長文が出されます。この部分も簡単ではありません。ただし、聞き取りのコツを先生に教えてもらえば、分かるようになります。一つ一つの単語にこだわらないで、文全体の意味を掴むようにします。このようなテクニックを教えてくれる学校を選びましょう。